ヒルデブランド株式会社

-木を活かす技術-木材乾燥機総合メーカー公式サイト

0263-81-5550info@hilde.co.jp

企業情報-会社概要

会社概要

経営理念 
価値創造  
経営方針
  1. 顧客満足と社員満足を追求し、環境に配慮して社会と共生
  2. 技術力強化と品質向上で、独自能力を高めビジネスを拡大
  3. オンリーワンメーカーとしてグローバル市場で最適性を実現
ごあいさつ
地球温暖化防止対策として、森林の保全・整備が特に有効であると考えられています。木材の利用を促進することにより森林の整備が進みます。そして木材の有効利用のための最大のポイントが木材乾燥です。環境と調和した循環型の経済社会を構築する一環として、人のライフサイクルの中で再生可能な、環境にもひとにも優しい木材を有効利用することは正に今の世の中が求めている姿ではないでしょうか。
木材はひとの心にゆとり・優しさ・癒し・安らぎなどを与えてくれます。日本人は自然を慈しみ、自然と調和しながら森を利用し、木と心を通わせ、木にしか見られない形、木にしかない美しさを探り、生活に生かしてきました。そして、目を見はるばかりの知恵と技術によって世界でも類をみない「木の文化」を築きあげたのです。
木と日本人のつながりは、単に日本人が木を好んだからだけではありません。木の持つ優れた性質が、日本の気候風土に適していることを古くから日本人は知っていたからです。
ひとにも地球にも優しい木の文化の永続的な発展に少しでも私どもが貢献できればと考えております。

会社概要

商号
ヒルデブランド株式会社
代表者
代表取締役 印出 晃
所在地
〒399-8301 長野県安曇野市穂高有明9973-1
image046

TEL:0263-81-5550
FAX:0263-81-5551
e-mail:info@hilde.co.jp
HomePage:http://www/hilde.co.jp

創業
1955年(昭和30年)10月
創立
1963年(昭和38年)6月
資本金
2,000万円

事業内容

 木材乾燥機製造販売

  1. 圧力式木材乾燥機
  2. 蒸気式木材乾燥機
  3. 温水式木材乾燥機
  4. 電気式木材乾燥機
  5. 輸出貨物梱包材熱処理装置
  6. 木材改質処理装置

 

 木材関連産業機器製造販売

  1. バイオマスボイラー
  2. バイオマス乾燥機

 

環境方針

理念

ヒルデブランド株式会社は、「環境共生システムメーカー」として飛躍し、健全なる社会の進歩発展に寄与するとともに、自主的かつ継続的な地球環境保全への取り組みを行い、地球環境との調和を目指します。

 

環境宣言

当社は仕入、設計、部品加工、輸送、設置工事までの業務を通して環境保全に全力で取組み、この豊かな地球を未来永遠に伝える為に、環境負荷の低減を図り、汚染の予防を誓約する。

 

基本方針

1.環境管理体制の構築と継続的改善

当社の事業は、「木材乾燥機、バイオマスボイラー等のシステムの開発、設計、製造、据付工事、販売及びアフターサービス」が主体です。 環境保全を経営の重要課題の一つとして位置づけ、事業活動が環境に与える影響を把握し、環境目的、目標、手順を経済的に可能な範囲で体系化し定め、環境影響の低減活動を全員参加で実行すると同時にこの体制を定期的に見直す事によりその維持と継続的改善を図ります。

 

2.法規制の順守

当社に適用される環境を保全されるための環境関連法規、および当社が同意するその他のお客様の要求事項を順守し、環境保全に努めます。

 

3.環境保全活動の取り組み

当社の事業活動が環境に与える影響の中で、特に以下の項目について優先的に活動し、環境保全に取り組みます。

 

1) お客様の生産活動に対し、生産性の向上と省エネ化、省力化に貢献することにより社会全体の環境保全に貢献する。

 

2) 自社の事業活動において環境影響を低減し、社会全体の環境保全に貢献する。

   (グリーン調達に基づく)

 

4.環境意識の育成

この環境方針の組織で働く人への周知徹底は、環境教育と社内広報活動を通じて行い、環境保全に関する意識の高揚を図ります。

 

5.社会との調和

社会の環境意識と当社の事業活動との関係において、本環境方針が常に調和を保つべくことを定期的に見直します。本環境方針は社外に対して開示します。

 

2015年 4月 1日

ヒルデブランド株式会社

代表取締役社長 印出 晃

 

 

 

このページのTopへ戻る